スタッフブログ

足関節捻挫(2)軽んじるなかれ

足関節捻挫になって御来院の患者様で

ジャンプをよくするスポーツ

例えば、バレーボールやバスケットボール

足でボールを扱うサッカーなどの選手で

度々足首を捻挫するものだから

固定もせずに適当にほったらかしで治していて

(週7日の練習日程で部活を休めなくて)

足首の靱帯が伸びてしまい

関節が緩くなってしまっている選手がいます

足首を捻って固定をしなかった場合、

足首の靱帯が伸びた状態で修復されます

そして靭帯は伸びてしまうと短縮することはなく、

ずっと伸びた状態のままになります。

では、靭帯が伸びた状態ででは何が悪いのでしょうか?

本来、靭帯は可動域を一定にするために

動きを止めたり、制限したりするために存在します

その為、靭帯の適切な長さが決まっています。

靭帯が伸びてしまうと骨と骨とがあたったり、

関節が曲がりすぎたり伸びすぎたりしてしまいます。

それによって捻挫をしやすくなったり、

骨と骨とがあたって骨棘と言って骨のトゲができて

足関節運動による痛みや炎症が起こってしまいます

さらに歳を重ねて行けば、足首の変形が起こって

左右の外くるぶし(外果)の大きさが違うようになり

変形性足関節症で歩行に支障が出るようになります。

過去に足関節捻挫をして左右の外くるぶしの大きさが違う方、

結構います。

足関節捻挫(1)でも述べましたが、

炎症の早期消退と固定は大切です。

軽傷の捻挫だからと言って軽んじないようにしてくださいね

痛みで困った時の駆け込み整骨院 神戸垂水 なお鍼灸整骨院