スタッフブログ

変形性膝関節症(1)

変形性膝関節症と診断されて

湿布と痛み止めで治らなくて困っている方、

たくさんいらっしゃいますね

治療に来られた患者様でも色々な治療に行って

変化がなくて当院に訪れた時には

諦めて多少痛みが退けばいいや位の

方もたくさんいらっしゃいます

ヒアルロン酸の注射、湿布、痛み止めの薬が

整形外科での基本的な治療となっていますが、

なかなか膝の炎症と水(関節水腫)を退かせる効果は

少ないのが現状のようです。

当院では微弱電流治療器である

アキュースコープとマイオパルスを用いて

水腫と痛みの原因となっている炎症を消失します。

私自身右膝の外側の半月板を損傷していて

手術をせずにこの医療機器で管理しています。

私がアキュースコープを知ったのが開院の際、

医療機器を選ぶタイミングで

干渉波や超音波を使ってもなかなか良くならなかった右膝が

アキュースコープを通電した後すぐに軽くなり

炎症が軽減するのを実感できたからです

この即効性に感動しました。

開院当時は金銭面の目処が立たず導入できなかったのですが

開院後経営を軌道にのせてから導入して、

アキュースコープ、ハイチャージ、マイオパルスと

1台づつ購入して治療の幅を広げています

膝の痛みで困っていて、諦めてしまっている方、

炎症を止めてきちんと治療をすれば、

痛みなく歩ける日が来ますので、お気軽にご相談ください

1度の治療で膝の軽さを実感していただければと思います

痛みで困った時の駆け込み整骨院 神戸垂水 なお鍼灸整骨院