コラム

人間も動物です(1)季節の体

今回は変なタイトルですが、
人間の体ってズッと変化し続けていて、生まれた時から死ぬまで
細胞レベルでは片時も同じ状態はないとご存じでしょうか?

特に日本は四季があり、春には春の体、夏、秋、冬
それぞれに体の状態は変化しています。

特に夏と冬の体は外部環境に適応するために全く変わります
夏は外気温が高いので汗をかいて体温を逃がせる放熱できる体。
冬は気温が低いので寒さに耐えられる蓄熱出来る体へ。
春と秋は夏と冬の体になる為の移行期の体です。

今年は夏の暑さが厳しく、10月になっても30度を超える日々、
それが最近は急転直下に夜は20度以下に気温が下がり、
夏の体から秋、冬の体への移行がうまく行っていない方が多いです。

10月になり急に北からの乾燥した冷たい空気が入って来て、
呼吸器、骨盤の状態が悪く、咳や喉を痛めて声が出ないや
骨盤、特に仙骨周囲の痛みや腰痛、坐骨神経痛症状を訴える患者様が増えています。

そして今年は11月に連日の真夏日。
過去に事例がない状況で今後の体の状況は例年のデータに
当てはまらない環境になると思います。

しっかり患者様の体の状況を把握して治療に反映していこうと思います

痛みで困った時の駆け込み整骨院 なお鍼灸整骨院

院長プロフィール

【柔道整復師・はり師・きゅう師・機能訓練指導員】
大学を卒業後、オーストラリアとニュージーランドに留学。サラリーマンを経て、30歳の時に鍼灸師・柔道整復師を目指し、専門学校に通いながら鍼灸整骨院、整形外科、外科に勤める。
患者様の抱える痛みや精神的な不安を取り除く為、痛みの除去に特化した治療を進める。